初心者のアフィリエイト講座

【アフィリエイト始め方】初心者のアフィリエイト講座⑬アフィリエイトサイトを稼ぐための構成にする!

更新日:




今回はアフィリエイトサイトで稼ぐということの一環として、サイト構成についてお伝えしていこうと思います。ただ記事を書けばいいのではなくて、しっかりと構成することによって収益が発生します。

 

構成って何?と思われるかもしれませんが、別の表現をすると「流れ」を作るということです。

 

ユーザーが記事を読んでくれて自然とアフィリエイトリンクを踏んでもらえるようにしなければ、いくらたくさんの記事を書き続けても収益が発生しにくいはずです。

 

そこで今回はアフィリエイトサイトを稼ぐことのできるよう、流れがよくなるような方法をお伝えします。

 

アフィリエイトサイトで稼ぐ流れとは?

アフィリエイトサイトで稼ぐためには、自然とアフィリエイトリンクを踏んでもらうことです。

アフィリエイトサイト稼ぐ

このときの「自然と」というのがかなり大切で、「買って!」という気持ちが強すぎるとダメです。

 

よくいろいろなサイトを見ていると、こんな経験があると思います。

「やけにアフィリエイトリンクが強調してあって、クリックする気になれない」

「文章が強引にアフィリエイトリンクにつなげてあって、いかにも不自然な感じになっている」

こうなってしまうといつまでたっても収益が発生しないため、やっぱりアフィリエイトサイトは稼ぐことができないと思ってヤメていってしまうことになります。

 

いやいやそうではなくて、自分で文章を読んでみてどんな感じがする?ということです。

たぶんしっかりと読み返してみると、とてもアフィリエイトリンクをクリックする気にならないはずです。

 

ではどんな大切なことを忘れているか?

それは「売りたい!」という気持ちが強すぎて、「押し売り」状態になってしまっているからです。

 

これではいつまでたっても売れることはありませんので、「こんな商品もありますよ~」というくらいで気持ちを抑えておくことが大切です。

記事内のアフィリエイトリンクに関しては、このようなことを考えながら配置してみてください。

 

それともうひとつ大切なのが、サイト構成についてです。

ではどういったサイト構成であれば稼ぐことのできるアフィリエイトサイトになるのか、ということについてお伝えしていきます。

 

アフィリエイトサイトで稼ぐことのできない流れ

まずアフィリエイトサイトで、稼ぐことのできない構成についてお伝えします。

記事を書くたびにアフィリエイトリンクを貼ると、SEO的な問題などがあって検索結果に上位表示されなくなりますので注意してください。

アフィリエイトサイト稼ぐ

これをやってしまうとグーグルから「販売ばかりのアフィリエイトサイト」という認識をされてしまい、最悪の場合はペナルティなどの対象になりますので注意します。

 

検索エンジンというのは「検索ユーザーに有益な情報を伝える場所」といった認識を持つことが大切で、あまりに販売ページばかりだとグーグルから目をつけられてしまいます。

 

ではどんなふうにアフィリエイトをしていけばいいか、つぎでお伝えします。

 

アフィリエイトサイトで稼ぐことのできる流れ

アフィリエイトサイトで稼ぐためには、基本的なサイト構成にすることが大切です。

基本的なサイト構成というのは、このような構成の仕方になります。

アフィリエイトサイト稼ぐ

複数の情報を掲載した記事から、ひとつのアフィリエイトリンクの貼ってある記事へ誘導します。

これはまったく基本的なアフィリエイトサイトの構成で、ほとんどのサイトはこのようになっています。

 

記事を書く順番としては、まずLP(ランディングページ)を作ります。

このLPというのは商品を紹介して、アフィリエイトリンクをクリックしてもらうというページです。

 

ですのでこのページは何度も読み返して、自然な流れになっているか確認することが大切です。

時間をかけてでも文章を修正して、アフィリエイトリンクへと誘導していきます。

 

それからこの記事へ来てもらうための、情報ページを作っていきます。

この情報ページというのは、その商品へ誘導するための悩み解決などが書いてある記事です。

 

「こんな悩みがあればこんな商品がありますので、ご覧になってみてはいかが?」

という感じで文章を書いて、これも自然な流れの中でLPへ誘導していきます。

 

この情報ページは多ければ多いほどいいので、関連するキーワードでどんどん記事を書いていきます。

この情報ページが増えるほどいろんなキーワードで引っかかるようになるので、いわゆる「自分のサイトへの窓口が増える」と考えておくといいです。

 

ひとつの商品(LP)に対してたくさんの情報ページを書いてもいいですし、複数のLPに対してそれぞれに見合った情報ページを書いてもいいです。

 

結局はどの商品を売りたいか?ということですので、ひとつの商品に的を絞って200記事書く、2つの商品に対してそれぞれ100記事ずつ書くというのでもいいです。

 

このアフィリエイトサイトの構成の仕方であればアフィリエイトリンクだらけになることを防ぐことができるので、グーグルからは「ただの販売サイト」ではなくて「情報が詰まったサイト」という認識で検索結果でも上位表示ができます。

 

それともうひとつ稼ぐためのアフィリエイトサイトの構成として、このようなやり方があります。

アフィリエイトサイト稼ぐ

これは記事上と記事下の部分を使って、アフィリエイトサイトを構成するものになります。

 

この場合はワードプレスメニューの「外観」「ウィジェット」を使って、アフィリエイトリンク用の文章を書いていくことになります。

アフィリエイトサイト稼ぐ

この記事上や記事下、またはトップページの上下などに「テキスト」を持って来て、その中に紹介文とアフィリエイトリンクを入れていきます。

 

このやり方をするとユーザーが記事を読んだときに、記事上や記事下などにアフィリエイトリンクの貼ってある文章が常に表示されるようになります。

 

さらにサイトとしては記事内にアフィリエイトリンクが一切入ることがないので、グーグルからの評価も高くなることになります。

 

ただしこのやり方については、

「悩みが深くなるほど効果が薄くなる」ということを理解しておいてください。

 

悩みが深くなればなるほど、そんなちらっと見えた商品が気になるということはないからです。

ですのでこれら2つのやり方は、悩みの深さなどによっても使い分ける必要があります。

 

アフィリエイトサイトで稼ぐための構成まとめ

アフィリエイトサイトで稼ぐための構成でしたが、慣れないうちはややこしく感じると思います。

「ああすればこうなる」といったように想像力を使いながらの作業になりますので、慣れるまではなかなか大変だと思います。

 

私がいつもやっている構成は、「1つの商品に対して複数の情報ページ」という一般的なやり方です。

あまり商品をたくさん紹介すると、なんだかわけのわからないサイトになってしまいますので注意が必要です。

 

情報ページのキーワードというのは自分のサイトの窓口を広げることになりますので、関連するキーワードでどんどん記事を増やしていってください。

 

記事はまとめて書くというよりも毎日コツコツというほうがグーグルからの評価はいいですし、また自分がアフィリエイトを続けていく上でもムリなくモチベーションも維持しやすいかと思います。

 

くれぐれも全てのページにアフィリエイトリンクを貼ることだけは気をつけながら、検索するユーザーにとって有益な情報を発信していってください。

 

今回の「アフィリエイトサイトで稼ぐための構成」についてはこのような感じです。

次回は「アフィリエイトで稼ぐコツ(方法)!?検索意図って?」についてお伝えします。

 

アフィリエイト 始め方のトップへ

-初心者のアフィリエイト講座
-

Copyright© アフィリエイトの始め方もわからなかったときから実際に稼げるようになるまでの記録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.